女性が活躍できる「法律事務」の仕事について

法律事務の仕事は、事務所の規模にもよりますが3つの業務に分かれています。
法律の専門知識を活用して弁護士をサポートする法律事務専門業務、電話対応や書類作成、裁判所への書類提出などの一般事務、来客の対応や弁護士のスケジュール管理などの秘書業務です。
事務所には、色々な不安を抱いた依頼者がやってきます。
そうした人に対しての気配りや相手の立場にたって考えることが重要で、他言しないことが義務ですから口が堅いことも大切です。
また、事務作業が多いのでパソコンの基本操作ができることが望ましくデスクワークが得意な人に適任といえるでしょう。
法律事務所では、専門的な知識が身に付くほかに弁護士をサポートし実務経験を積むことで、一般事務から専門事務にスキルアップも可能です。
また、女性が活躍しており、結婚し子供を出産後も復職する女性も多く、長期にわたって働き続けることが可能で、専門知識を活用してスキルアップできる仕事といえます。

英日翻訳

契約書翻訳

税理士 札幌

契約書翻訳

外国人技能実習制度

最新投稿