独立開業を目指す人は持っておきたい法律系の国家資格

国家資格は国や地方公共団体、国の委託を受けた機関によって実施される資格です。
資格取得は仕事のスキルアップや転職に使えるという理由で民間の資格も含めてブームが起きたこともありました。
しかし国家資格の有資格者は国によって一定水準以上の知識や技術を持ち合わせていることを認められるため、数ある資格の中でも特に社会的信用度が高い資格と言えるでしょう。
国家資格の中には法律を仕事にして活躍したいと思う人ならば取っておきたい資格も多くあります。
法律系の資格試験の最難関とされるのが司法試験です。
司法試験に合格すると弁護士や裁判官、検察官といった法曹の道が開かれます。
司法書士試験も合格率が毎年3%台と非常に難しい資格として知られています。
司法書士の資格を持つと、独立して司法書士事務所を開業することもでき、市民にとって身近な街の法律屋さんとして活躍できます。
その他に持っていると就職や転職に役立つ社会保険労務士や行政機関に提出する書類を作成する行政書士の資格も人気があります。